イカリソウ(碇草・錨草)とは?

東北地方以南の落葉樹林の林間や山野に生息するイカリソウは、春に赤紫色の花を咲かせます。

葉は茎の中程から計9枚つく3出複葉なことから、別名三枝九葉草(さんしくようそう)とも。

落葉多年草で、高さ30cm~50cm。

晩秋に落葉し地下茎にて越冬します。

自然交雑され、地域によって微妙な違いがあり、特定が難しい植物でもあります。

 

イカリソウ(碇草・錨草)の特徴と由来

4月~5月に4枚の花弁それぞれが、ツノのように反り返ってとがり(踞という)、その姿が船の碇(錨)のように見えることからこの名がつきました。

茎葉を葉のでそろう6月~7月に刈り、刈したものは生薬となり、淫羊霍(いんようかく)又は仙霊脾(せんれいひ)といい、強壮強精に用いられています。

有効成分としてはイカリインというフラボノイド配糖体、リグナン、マグノフロリン、エピメジンがしられていて、動物実験では精液の分泌を促す効果があることが確認されてます。

 

名前カリソウ(碇草、錨草)
呼び名イカリソウ オトコトリアシ 簪草
学名Epimedium grandiflorum
分類メギ科イカリソウ属
旬の時期春(4月~6月)
採れる場所落葉樹林の林間や山野
食べ方茹でてからしあえや、生のまま炒め物
似ている山菜クモイイカリソウ バイカイカリソウ

 

イカリソウ(碇草・錨草)の下処理・食べ方

イカリソウは花と若葉若芽を、食べるとができます。

花は生でも食べられますし、茹でて酢の物などでも食べられます。

若葉若芽は茹でてからしあえや、生のまま炒め物で。

また薬酒やお茶としても飲用され、効能としては強精、滋養強壮、疲労回復、健忘症、低血圧、不眠など。

 

 

イカリソウ(碇草・錨草)の栽培方法

花の形が独特で美しいイカリソウは、平安初期から江戸末期まで、観賞用として栽培されていた文献が残っています。

育て方も比較的に簡単で初心者むき。

地植えも鉢植えでも育成しますし、寒さにも強いです。

地植えは落葉樹の下など、明るい日なたになる場所が適しています。

鉢植えは土が凍結しても、イカリソウが枯れることはありませんが、根が浮き上がったりするので、その場合は埋めなおしましょう。

植える時期は5月~7月下旬。

種は非常に乾燥に弱いので保管できません。

5月に採取した種を、そのまま撒いてしまいましょう。

用土は野草用の土等を、使用するのがお勧め。

水は表土が乾いたら、たっぷり与えます。

地植えは余程晴天が続かない限りは、必要ありません。

流通量は多い方なので、比較的手に入りやすいです。




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 新潟こだわり直売店

    新潟こだわり直売店

    こちらのお店は新潟県産の有機農産物を中心に販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。山菜料理のレシピも同梱されているので料理や下処理に関しても万全です。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。