山菜図鑑,きのこ図鑑,山菜,のびる

ノビル(野蒜)とは?

ノビルは多年草で、同じネギ属の仲間には、

ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウなどがあります。

これらにはネギ属特有の匂いがあります。

 

葉は線形で、長い花茎の先に小花が複数集まって咲きます。

この花の状態を花序(かじょ)といいます。

 

多くは種子をつけずにむかごを生やします。

花が咲かずにむかごだけ生えることもあります。

むかごは地面に落ちて繁殖し、ノビルに成長します。

 

地下には、小さい玉ねぎのような鱗茎(りんけい)ができます。

玉ねぎ、ラッキョウ、ユリ根(ユリ属)なども同じ鱗茎です。

 

葉や鱗茎を食用にします。

 

ノビルと似た植物との見分け方

 

アサツキとの区別は、同じネギ属なので難しいところです。

ノビルの葉にはゆるいウエーブがあって、

生え際よりも横に流れています。

アサツキの葉は上にまっすぐ伸びています。

 

ノビルの葉の断面は、よりハッキリと角ばっています。

アサツキの方は断面が円形です。

 

鱗茎を見るとわかりやすいでしょう。

ノビルの鱗茎は小さい玉ねぎ形。

アサツキのものはラッキョウに似た形をしています。

 

有毒のスイセンを誤食してしまう中毒事故が起きています。

スイセンには、毒成分のアルカロイド、

シュウ酸カルシウムが含まれます。

 

ニラと間違うことも多く、食べると嘔吐や下痢、頭痛の症状が表れ、

死亡例もあります。

 

タマスダレも有毒で、ノビルの葉と間違いやすいので注意が必要です。

 

これらのスイセンやタマスダレと見分けるには、

ノビルにはネギの匂いがあることと、鱗茎の違いなどはあります。

しかし、これらが近くに植えられていないことを確認してから、

ノビルを採るようにしましょう。

 

名前ノビル(野蒜)
呼び名ノビル、ねんびろ、ねびる他
学名Allium macrostemon
分類ヒガンバナ科(或いはユリ科)ネギ亜科ネギ属
旬の時期
採れる場所全国の河原や畑周辺、あぜ道など
食べ方酢味噌あえ、味噌汁、薬味
似ている山菜食用=アサツキ 有毒=スイセン、タマスダレ

ノビル(野蒜)の採り方

ノビルは野草ですが栽培もできます。

保湿力のある肥沃な土で、日当たりと水はけよく育てます。

 

水と栄養分が好きな草なので、野生のものは河原や畑の脇などに、

特によく生えます。

 

採る際は、鱗茎を傷つけないように、

頑丈なスコップで土ごと掘り起こします。

持ち帰る前に、土や枯れた部分をさっと落としておくとよいでしょう。

 

ノビル(野蒜)の下処理・食べ方

採ってきたノビルを、ボウルなどに水を入れてよく洗います。

何度か水を替えてよく泥を落としましょう。

外皮や枯れた部分を取り除き、髭根も切り落とします。

 

天ぷらや、刻んでラーメン、味噌汁などの薬味に。

また、ギョウザに入れたり、ゆでで酢味噌あえに。

辛みのある鱗茎を生で味噌を付けて、お酒の肴に。

様々な食べ方がありますので、ぜひ試してみてください。

 

ノビル(野蒜)のレシピ

のびるの下処理

のびる酢味噌

ノビルのムカゴをサラダにトッピング




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 天然 きのこ・山菜 の奥会津旬彩館

    こちらのお店は会津地方産の天然山菜とキノコを販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。