福寿草とは?

福寿草春を告げる花の代表格で、2月から4月ころにかけて日本全国で見ることができます。元日草(がんじつそう)朔日草(ついたちそう)とも呼ばれますが、自然では1月にはまだ雪があるので実際には見ることはできません。

ゴボウのような根を持つほか、日光に合わせて開閉する特徴があります。また毒性があるため食用にはできませんが、正しい知識があれば薬草としても活用できるようです。

春先に出る芽がフキノトウに似ているため誤食される場合があり、最悪のケースとして呼吸困難心臓麻痺などの症状が出る危険な植物です。

名前フクジュソウ
呼び名福寿草,ふくじゅそう,ガンジツソウ,元日草,朔日草,ついたちそう
学名Adonis ramosa
分類キンポウゲ科フクジュソウ属
旬の時期2月~4月頃
採れる場所日本全国の山林で見ることができる
食べ方毒草のため食用には向かない
似ている山菜出始めの芽はフキノトウと間違われやすい

福寿草の栽培方法

冬から春先にかけては日光によく当たる場所で栽培します。乾燥を嫌う習性がありますが根が水を吸う力が弱いので、たっぷりと水を与える必要があります。




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 新潟こだわり直売店

    新潟こだわり直売店

    こちらのお店は新潟県産の有機農産物を中心に販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。山菜料理のレシピも同梱されているので料理や下処理に関しても万全です。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。