オケラ(朮)とは?

本州、四国、九州の日当たりのいい草原や、明るい落葉樹林に生息している雄雌異株の多年草です。

茎は細く硬く、高さは30cm~100cmになります。

葉は茎に互い違いに出ている互生で、柄があり茎の下の葉は、頂点に小葉のある奇数葉状複葉。

葉は楕円状で質も硬く、表面は無毛で艶があり、縁は細かい棘状の切れ込みがあるのが特徴です。

秋には白または淡褐色のアザミに似た花をつけ、その周りを針のような包葉が包みます。

根茎は節があり、やや長く芽を出しますが、順次古い部分から枯れていきます。

名前オケラ(朮)
呼び名カイブシコケラ カイブシノキ
学名Atractylodes japonica
分類キク科オケラ属
旬の時期4月~5月
採れる場所日当たりのいい草原や落葉樹林
食べ方おひたしや和えもの、天ぷら
似ている山菜コウヤボウキ カシワバハグマ

 

オケラ(朮)の由来

由来には、いくつか説があるようです。

万葉集では、オケラをウケラ(宇家良)と歌われていて、このウケラが訛ってオケラになったとか。

語源はヲキアルで、ヲキとは神事、祈祷を指すようです。

 

ウケラの由来には

・葉が蓑に似ていたから

・漁具の筌に花が似ているから

・葉がさじの形で受けるのにいいから

などがあり、昔からオケラが生活に密着していた様子が伺えます。

信州の童謡では「山でうまいのはオケラとトトキ」と歌われていて、癖のない味がこのまれています。

 

京都の八坂神社では、大晦日から元旦にかけて行われるオケラ祭に用いられていて、参拝者は邪気を払い、無病息災を願います。

今でも神事ごとに使用されるオケラの根茎は、生薬になり白朮(ビャクジュツ)といいます。

晩秋に根茎を採取し、皮を剥ぎ取り天日で干した後、日陰で完全に乾燥させます。

アトラクチロン、アトラクチレノリッドI、II、IIIなどの精油成分が含まれます。

効能としては、健胃、発汗、利尿など。

 

オケラ(朮)の採り方

4月~5月に、柔らかい白い綿毛に包まれている、若芽を摘み取ります。

 

オケラ(朮)の下処理・食べ方

茹でておひたしや和えもの、天ぷらなどに。

 

 

オケラ(朮)の栽培方法

病気や害虫に強いオケラは耐寒性、耐夏性もあり、比較的初心者でも育てやすいです。

地植えでも鉢植えでも育てられ、日当たりのいい風通しのいい場所、水はけのいい土を好みます。

植え付けの時期は4月~5月。

株分けの時期は、10月~11月に行います。

過湿には弱いので注意しましょう。

また根ずまりを起こさないように、1~2年で植え替えを行います。

流通量は比較的ありますので手に入りやすいでしょう。




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 新潟こだわり直売店

    こちらのお店は新潟県産の有機農産物を中心に販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。山菜料理のレシピも同梱されているので料理や下処理に関しても万全です。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。