ハマボウフウ(浜防風)とは?

多年生の植物で、食用のほか薬用としても利用されます。全国の海浜(砂地)に自生しています。葉にはつやがあり、草丈は低く海浜を這うように広がっていきます。

根は非常に長く伸び、水分の少ない砂地からでも必要な水分を吸収できます。初夏にカリフラワーを思わせる白い花が咲きますが、食用にするのは新芽で花が咲く前までが旬です。

 

深く根を張って砂浜が風により流出するのを防いでいるから、ハマボウフウ(浜防風)と呼ばれるという説があります。

また中国にボウフウ(防風)という薬草があり、それに薬効が似ていて海浜に生えているからハマボウフウと呼ばれるという説もあります。

なるほどと思いますが、それでは中国でなぜ防風という名前が付けられたのか。

そこまではわからないようです。

この山菜は味がとても良く、もはや山菜ではなく野菜だという人もいたそうです。八百屋でも売っているので、ヤオヤボウフウとも呼ばれるそうです。

名前ハマボウフウ(浜防風)
呼び名ハマボウフウ、ヤオヤボウフウウ(八百屋防風)、ハマゴボウ
学名Glehnia littoralis
分類セリ科 ハマボウフウ属
旬の時期春(3-5月)
採れる場所海浜(砂地)
食べ方和え物、天ぷら、生食(刺身のつま、ローストビーフやパスタなどの添え物)
似ている山菜ボタンボウフウ

ハマボウフウ(浜防風)の採り方

早春から春にかけて新芽を採取します。長い柄も食べられるので砂の上に出ている部分を採取します。薬用にする場合は真夏に根を採取し乾燥させ生薬とします。解熱、発汗、鎮痛などの薬効があるそうです。

砂浜を守っていたはずのハマボウフウですが、人間による開発により砂浜が消失しハマボウフウも減少傾向にあります。

だんだん採りづらくなっています。

 

ハマボウフウ(浜防風)の下処理・食べ方

栽培されたものは下処理の必要はなく、そのまま食べることも調理することもできます。自生のものは少し固く風味も強いため、一度熱湯にくぐらせると良いでしょう。天ぷらや和え物としておいしく食べることができます。生食としては古くから刺身のつまとして食べるのが一般的でしたが、ハーブの代わりにローストビーフやパスタの添え物としても利用できます。

 

ハマボウフウ(浜防風)のレシピ

味噌和え:https://cookpad.com/recipe/5187906

天ぷら:https://cookpad.com/recipe/2978625

刺身のつま:https://cookpad.com/recipe/5144798

 

ハマボウフウ(浜防風)の栽培方法

根が深く伸びるので鉢植えでの栽培は無理で地植えする必要があります。日当たりが良く水はけが良い砂質地が適しています。肥料はなくても大丈夫と思いますが、状況によっては液肥を霧吹きで葉に吹きかけてください。種の発芽率はあまり良くないので、種からではなく苗を購入して定植することをお勧めします。春から初夏が植付け時です。




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 天然 きのこ・山菜 の奥会津旬彩館

    こちらのお店は会津地方産の天然山菜とキノコを販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。