出典:Wikipedia

ハンゴンソウ(反魂草)とは?

鮮やかな赤紫色の茎と葉柄が美しいハンゴンソウ。
春菊に似た、独特の味と香りがあります。
山菜として楽しむには、葉が開ききらない春のうちに根元から採りますが、成長すると1~2mに。
7月~9月ごろには、たくさんの小さな黄色い花が枝先に半球状に咲きます。

「ハンゴンソウ」という名前は、深く切れ込む葉の形が手招きする人の手に見え、死者の魂を呼び戻す意味の「反魂」からきているとされます。

名前ハンゴンソウ
呼び名ハンゴンソウ、反魂草
学名Senecio cannabifolius
分類キク科キオン属
旬の時期
採れる場所山野内の湿地やスキー場、沢沿いの道端など
食べ方天ぷらや塩漬け、少量の重曹を加えて茹で、水にさらして和え物など
似ている山菜

ハンゴンソウ(反魂草)の採り方

20~30cmの草丈のものを根元から手で折り取ります。
大きくなったものは、先端の柔らかい部分を選んで摘めば十分食べられます。

ハンゴンソウ(反魂草)の下処理・食べ方

ハンゴンソウは灰汁が強いので、重曹もしくは塩を加えて好みの固さに茹であげたのち、冷水にさらして皮をむきます(細いものは皮むきの必要はありません)。
水を替えて一晩ほどさらし、炒め物や煮物、白和えや汁ものなどに使います。伽羅蕗のように煮詰めてもおいしいという話も。
下ごしらえをせず、天ぷらなどにすることもできます。

ハンゴンソウ(反魂草)のレシピ

準備中




通販で美味しい天然山菜が食べられます

  1. 新潟こだわり直売店

    新潟こだわり直売店

    こちらのお店は新潟県産の有機農産物を中心に販売しているお店です。山菜に関しては天然物にこだわり実際に山菜採りに行っている方の顔が見えるほか、山菜を採っている様子を写真や動画で紹介していることから、安心して購入することができます。山菜料理のレシピも同梱されているので料理や下処理に関しても万全です。

  2. 北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道グルメ アフター楽天市場店

    北海道名産のグルメに強いこちらのお店は、天然の行者にんにくや山うどを販売しています。特にファンの多い山菜と言える行者にんにくに関しては、ジンギスカンとのセットという嬉しい商品も用意しています。北海道の大自然で育まれた天然山菜を味わうならこちらのお店がイチオシです。

  3. ギフト&グルメ北海道

    ギフト&グルメ北海道

    こちらのお店も北海道の食材を扱っています。天然山菜は北海道名産の行者にんにくを始め、山わさびや根曲がり竹といった本州では珍しい山菜を取り揃えています。行者にんにくの醤油漬けは保存性も高くおすすめで、野菜なども取り扱っているので様々な食材をまとめて購入したい方におすすめできます。